ITIL運用管理ツールの導入は、コスト削減のためにも、作業効率化のためにも必要不可欠なことと言えます。IT社会は、長い目で見ると、まだ始まったばかりの段階であり、混乱期にあると考えられます。世界各地で等しく試行錯誤をしているようでは非常に非効率です。先駆者たちの成功例や失敗から学ぶことが大事です。ITIL運用管理ツールを導入するということは、そうしたことを実行するということです。先駆者たちが、成功例も失敗例も踏まえて、実例から学んだ最適な方法をまとめてくれているわけですから、それを利用できるなら、それに越したことはありません。効率的で効果的なITの運用や管理がおこなえる近道です。先人たちに学べるというのは幸運なことであり、有効活用したいものです。

ITIL運用管理ツール導入方法

ITの知識があまりない場合は、ITサービスマネジメントのマニュアルを読み込んで理解し、自ら運用システムを構築するのは困難ですから、専門家がつくったツールに頼るのも、選択肢のひとつです。マニュアルを完全に理解した専門家がつくっていると推察されますから、使い勝手が良く、優れた商品であることがほとんどでしょう。ただ、商品は数多くあり、どれが最適か判断するのは、ユーザー側となります。高額商品となりますから、選ぶ際に十分な検討をしたいところです。しかし、その選択眼があったら、そもそもそうした商品は必要ないとも言えます。自らそうしたソフトが開発できるというケースもあることでしょう。つまり、多くの場合、どれを選択していいかわからないまま、導入することとなります。

ITサービスマネジメントの一部活用

イギリスがまとめたITサービスマネジメントのマニュアルは、内容が多岐にわたっています。導入に当たっては、すべてを取り入れる必要はありません。あくまでも、国際的に認められた、非常に信頼性の高い参考書、ということです。自分の企業や組織に必要な部分だけを参考にし、活用してもいっこうにかまいません。しかし、ITサービスマネジメントのマニュアルの中で、必要な部分が何かを把握すること自体が、難しいのが常です。ITの知識がさほどないからこそ頼るのであり、膨大なマニュアルからそれを探し出すのは容易ではありません。それをサポートするサービスもありますし、また、導入したあとの運用で必要になるソフトなどを販売する業者もあります。ITサービスマネジメントのマニュアルに沿ったソフトとなりますので、活用する企業もあります。